進学とキャリア

基礎工学部の学生の多くが、大学院博士前期(修士)課程に進学し、科学技術者としての専門性を高めていきます。その先の活躍のフィールドは、理工学系にとどまらず多岐にわたっています。

  • 学部~大学院~就職の流れ

    基礎科学の素養を身に付けた、柔軟かつ創造的な力を持つ科学技術者の育成をめざす基礎工学部・基礎工学研究科。学部卒業生の多くが、基礎工学研究科を含む大学院に進学し、最先端の研究活動を通して科学技術者としての力を高めていきます。下に掲載したデータからも、多くの学生が大学院博士前期(修士)課程へ進学し、6年間の学究が標準となっていることが読み取れます。
    進学の特色は、「飛び級」と「短縮」です。「飛び級」は学部3年生を終えた後、学部4年生を経ずに大学院に進学できる制度。「短縮」は、大学院修士課程(2年間)を1年短縮し、大学院博士課程に進学できる制度です。両方を利用すれば、大学入学から7年で博士号を取得することもできます。

    最短7年間で博士号取得も可能イメージ
  • 多くの学生が選択する大学院への進学

    基礎工学部の学生の多くは、進学を選択します。2020年度は卒業者の82.6%が大学院博士前期(修士)課程へ進学しました。進学率の高さは各学科に共通しており、4年次の研究室配属から大学院での研究を意識した教育が行われています。また大学院博士前期(修士)課程から後期(博士)課程へは、12.7%が進学しました。

    基礎工学部…進学82.6% 就職14.0% その他3.4%

    大阪大学大学院 基礎工学研究科/大阪大学大学院 工学研究科/大阪大学大学院 情報科学研究科/大阪大学大学院 生命機能研究科/大阪大学大学院 理学系研究科/京都大学大学院 エネルギー科学研究科/京都大学大学院 工学研究科/京都大学大学院 情報学研究科/東京大学大学院 新領域創成科学研究科/東京大学大学院 情報理工学研究科/東京大学大学院 総合文化研究科/九州大学大学院総合理工学府/奈良先端科学技術大学院大学 先端科学研究科

    基礎工学研究科…就職・復職82.7% 進学12.7% その他4.6%

    大阪大学大学院 基礎工学研究科/大阪大学大学院 生命機能研究科/コペンハーゲン大学 理学研究科/精華大学 生命科学大学院

  • 理工学系にとどまらない就職先

    2020年度の主な就職先を掲載いたします。全体としては、情報通信分野、製造業へ進む傾向が強く、金融業・保険業や教育、学習支援業などに就職の幅が広がっています。大学院の「その他」には公務員、宿泊、飲料サービスなど多様な業種が含まれます。

    (就職データ:2021年3月31日現在)

    基礎工学部…情報通信業41.0% 製造業32.8% 金融業・保険業6.6% 学術・研究・技術サービス業4.9% 卸売業・小売業3.3% 公務3.3% 生活関連サービス業・娯楽業3.3% その他4.8%

    GA technologies/HR Force/IHI/JSOL/PwCコンサルティング/Quest Classes/ROXX/SHIFT/SOLIZE/USEN-NEXT HOLDINGS/VSN/Y's & partners/アールスリーインスティテュート/アイヴィス/アウトソーシングテクノロジー/アクセンチュア/アズビル/アマゾンウェブサービスジャパン/アルインコ/イルミルド製薬/オービック/キーエンス/サミットシステムサービス/ジーユー/シャープ/スクウェア・エニックス/ダイキン/ダイコク電機/デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム/テレビ大分/パナソニックインフォメーションシステムズ/パルステック工業/ヒラノテクシード/フィードフォース/フューチャーインスペース/ブラザー工業/マイナビワークス/メイテック/ヤフー/ラクスル/リチカ/大阪市/大林組/神戸税関/小松製作所/双日/東京海上日動火災保険/凸版印刷/西日本電信電話/日鉄ソリューションズ/日本原子力発電/日本取引所グループ/任天堂/浜松ホトニクス/福伸電機/毎日放送/三井住友海上火災保険/三菱電機/三菱UFJ銀行

    基礎工学研究科…製造業62.6% 情報通信業15.0% 学術研究、専門・技術サービス業7.3% 教育・学習支援業4.9% 金融業・保険業3.1% 電気・ガス・熱供給・水道業1.7% その他5.2%

    ATR - Advanced Telecommunications Research Institute International/Bytedance/CITIC Dicastal Co.,Ltd/DATUM STUDIO/Delfos Intelligence Maintenance/ENEOS/Gulf Energy Development Public Company Limited/KADOKAWA Connected/KDDI/KTH Royal Institute of Technology/LINE/NTTドコモ/NTTファシリティーズ/P&Gジャパン/PwCコンサルティング/Speee/SUBARU/Sumatra Institute of Technology/SUTELA/TACT/TDK/Vivo Mobile Communications Co.,Ltd./アークレイ/アイテック阪急阪神/アクセンチュア/アマゾンウェブサービスジャパン/アンリツ/ウエスタンデジタル/エヌ・ティ・ティ・データ/オムロン/オリンパス/カプコン/キオクシア/キヤノン/キヤノンメディカルシステムズ/クボタ/クラレ/コーエーテクモホールディングス/コスモエネルギーホールディングス/サイバーエージェント/サンディスク コーポレーション/ジーシー/システムディ/シマノ/シャープ/ジャステック/シンフォニアテクノロジー/ゼンショーホールディングス/ソニー/ソニーLSIデザイン/ソニーセミコンダクタソリューションズ/ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング/ダイアモンドヘッド/ダイキン工業/デンソー/デンソーテン/トヨタ自動車/ネクス・ソリューションズ/バイエル薬品/パナソニック/パナソニック コネクティッドソリューションズ/パナソニックエコシステムズ/ファイザー・ホールディングズ/フクシマガリレイ/ブリヂストン/プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン/フロムスクラッチ/マイクロンメモリジャパン/メイテック/モリタ製作所/ヤフー/ヤンマーホールディングス/ユー・エス・イー/ユニオンツール/ライオン/リファインホールディングス/ルネサスエレクトロニクス/ローム/あいおいニッセイ同和損害保険/旭化成/朝日新聞社/出光興産/大阪瓦斯/大阪大学/岡山大学/花王/川崎化成工業/川崎重工業/関西デジタルソフト/関西電力/九州大学/京セラ/近畿大学/厚生労働省/構造計画研究所/神戸製鋼所/神戸大学/小松製作所/佐竹製作所/三洋化成工業/三洋化成社会貢献財団/資生堂/島津製作所/昭和電工/昭和電工マテリアルズ/⾃律制御システム研究所/住友化学/住友ゴム工業/住友精化/住友電気工業/第一工業製薬/第一三共/第一生命保険/大研医器/大日本住友製薬/中外製薬/中部電力ミライズ/東京大学/東京電力ホールディングス/東京都立産業技術研究センター/東芝/東洋エンジニアリング/東洋合成工業/東レ/凸版印刷/西日本電信電話/日立造船/日亜化学工業/日経リサーチ/日産化学/日鉄ケミカル&マテリアル/日鉄ソリューションズ/日本板硝子/日本科学未来館/日本学術振興会/日本経済新聞社/日本触媒/日本製鉄/日本生命保険/日本大学/日本電産グローバルサービス/日本ペイントホールディングス/日本放送協会/野村総合研究所/博報堂/長谷川鉄工/阪急阪神ホールディングス/東日本旅客鉄道/日立金属/日立製作所/日立ソリューションズ西日本/日立パワーデバイス/不二製油/富士ゼロックス/富士通/富士電機/古河電気工業/防衛省地方防衛局東北防衛局/本田技研工業/松本油脂製薬/丸紅/みずほ銀行/みずほフィナンシャルグループ/三井化学/三井住友海上火災保険/三井住友銀行/三菱UFJ銀行/三菱瓦斯化学/三菱ケミカル/三菱重工業/三菱電機/村田製作所/文部科学省/山本化成/由紀ホールディングス/横河電機/楽天/楽天モバイル/理化学研究所

Copyright © 2021 Osaka University, School / Graduate School of Engineering Science. All rights reserved.
↑
×